辛い腰痛、足のシビレでお悩みのあなたへ

 

整形外科のリハビリで腰の牽引をしてませんか?

牽引をしても残念ですが

あなたの腰の痛み、足のシビレは一向に改善しません

 

牽引療法は効果があるのか?

「ヘルニア 牽引」の画像検索結果

腰部の牽引をする目的として、患者様は「脊椎の間隔が狭くなったから引っ張ると間隔が広がる」とお考えの方ばかりだと思いますが、残念ながら牽引によりヘルニアが引っ込むなどという効果は期待できません。治療している側の先生もそれを目的として行っているわけではありません。

治療している側は牽引をする事で「腰部の筋、筋膜など組織を伸ばしたり収縮してりしてマッサージ効果があり、患部の血行が良くなり効果があるかもしれない」という安易な理由で行っています。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアに対する牽引療法は有効性について日本整形外科学会の【腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン】でも、「腰痛疾患に対して腰椎牽引療法が広く行われており,腰痛を生じる疾患である腰椎椎間板ヘルニアにおいても同様である.しかし,この牽引療法単独がヘルニアによる腰痛,下肢症状の改善に有効であるかについては明らかでなく,保存的治療の一環としての牽引療法選択の是非を検討する必要がある」と記載されており、つまりどういう事かというと、腰の牽引療法の効果についてまだはっきりとした根拠はないけどとりあえず行いましょうという事です。また論文として牽引療法が腰の症状に効果があるという報告もありません。

 

効果がないのになぜヘルニアなど腰痛の時に牽引をするのか?

 

ほとんどの先生が腰の牽引は全く効果がないという事実を理解しているのになぜ牽引をするのかというと、

関連画像

 

 

・患者様のニーズが高い事

 

・リハビリで牽引は医療費点数として加算されるため

 

 

同業者の先生も腰の牽引は全く効果がないと分かっていても治療の一環に取り入れている所は多いです。

その理由は患者様がヘルニアなど腰痛の痛み、足のシビレなどの主症状には、腰の牽引が効果があるという間違った知識を刷り込まれた方が非常に多い事です。当院にも初めて来院される方から「腰の牽引機ある?」という問い合わせはとても多かったです。

 

腰の牽引機があれば患者様も満足するし、たんさん来てくれるというそれだけの理由で設置している先生が非常に多いです。

 

また整形外科のリハビリで効果のない牽引療法を行っている理由は一番の理由は医療費の点数として加算されるというただそれだけの理由であり、牽引のやり過ぎは良くないですが、軽い牽引であれば症状が悪化する事も少なく流れ作業のリハビリの一つに過ぎません。

 

牽引療法は症状を悪化させる可能性が高い

 

とても簡単に説明すると、昔、一度ぐらい捻挫をした事のある方は多いと思います。

捻挫とはどういう状態の事はというと、関節周囲を取り囲む軟部組織がその関節の本来の可動域を超え引き延ばされ損傷する事をいいます。首、腰の牽引療法も牽引されて軟部組織を痛める事です。

牽引療法もやり過ぎは組織の損傷を引き起こす恐れがあるという事です。ほとんどの場合、かなり弱めで牽引をしているので大丈夫です。

 

椎間板ヘルニアは圧迫されてなるのではなく圧の加わる方向の異常によって発症します

関連画像

 

関節には関節包という膜に覆われています。

椎間関節の場合も間にある椎間板も含めて、後ろに後縦靭帯、前には前縦靭帯という強靭な靭帯があり、その他にも骨膜や筋膜などに覆われています。

全ての関節(両方の骨同士)は強靭な靭帯、膜によってしっかりと軟部組織を間に挟み込みお互いを引き合って密着しています。要するに関節内には常に圧がかかっているという事です。

また関節内に快適な圧が常にかかる事によって関節内の組織は活性化し、体全体をスムーズに動かす事が出来るのです。

 

こんな経験ありませんか?

 

・朝は体が硬くて動き辛いけど立って歩き始めると体が楽になる。

 

・天気が悪く、低気圧の日はフラフラしたり頭がボーっとするなど体の調子が悪い。

 

このような現象も実は関節の圧が関わっています。

寝ている時は重力が体全体にかかりますが、関節には圧がかからないため、関節は緩みます。

反対に立った状態では頭から足に重力が加わるため関節に圧が加わります。筋肉は関節がしっかりはまっていないと関節がそれ以上外れないようにとカチカチに固まり守ろうとするのです。また関節が緩んでいると無理をして関節に負荷がかかり壊れないようにするため力が入りにくくなります。

 

また低気圧の日は体に対して外側に牽引力が加わります。関節が引っ張られるため体が硬くなったり、力が出ないので不調になるのです。ちなみに関節だけではなくすべての組織に影響するため女性でいえば、お肌の感じもいつもとは変わって来ます。

 

でもどうでしょうか?

 

一般的にヘルニアは椎骨と椎骨に圧迫され椎間板が出ると考えられています。

 

 

では本当は何が原因なのか?

それは間違った体の使い方や蓄積した体の歪みに

よって椎間板に加わる圧の方向に異常があるのです。

 

椎間板ヘルニアを改善するためには

正しい体の使い方を覚え、

体の歪みの原因を取り除く事です。

 

まとめ

 

牽引療法は脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど腰痛症状にはほとんど効果はありません。関節は常に快適な圧が加わる事で身体を健康的に動かす事が出来ます。よって牽引療法は反対に体を不調にする恐れがあります。そして椎間板ヘルニアは圧迫されて発症するのではないという事です。体をしっかり整え、椎間関節に快適な圧が加わるようになる事で症状が改善します。

 

 

【お知らせ】

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、

LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。

LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので

是非、ご登録して下さいね。

その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

友だち追加

 

パソコンの方はこちらのQRコードを

スマホなどで読み取って下さいね!

 

つながりの杜整体院・かみえど接骨院|足のトラブル・脊柱管狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・重度の腰痛専門

〒505-0126 岐阜県可児郡御嵩町上恵土414−3

 0574-67-1243