ブログをご覧頂き、本当にありがとうございます。

 
院長の奥田です。
 

症状が改善したのにまた痛くなってしまったという方は多いのではないでしょうか。

{1C3AA4D3-2EDD-4597-8093-40D731DE4F7C}

ではなぜ痛みが治まったのにまた腰痛を繰り返すのでしょうか?

 

それはあなたの身体がこれ以上動かすと壊れてしまいそうな体を守るために痛みというメッセージをあなたに送っているのです。

これは全く神秘的な話でも何でもありません。当たり前の事です。

 

あなたは痛みが出てから病院に行ったり、接骨院や色々行かれたと思いますが、その後なんとなく痛みが治まり、その後はどうでしょうか?

 

車などは洗車したり車検などメンテナンスをしないと壊れていまうと理解している方は多いのに、なぜ自分の体はメンテナンスしないのでしょうか?

 

あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。

 

残念ながら私達の体は不死身ではありません。使いっぱなしではいつか壊れて当然です。その前にそれを知らせてくれるのが痛みという、有り難い感覚です。

 

日頃から大切なお身体をしっかりケアするクセをつけましょう。

 

でもケアをしたほうが良いと分かっていても何をどうしたらいいのか分からず結局仕事が忙しく、疲れてしまい自宅に帰っても何もしないですぐ寝てしまうって事よくありませんか?

 

痛みがなくても体な何もしなければ、知らないうちに歪み始めています。

何となく体がダルイ、朝起きる時イスから立つ時など腰に違和感があるなど

必ず、体からのメッセージがあるはずです。

この感覚に気づける方はまだいいのですが、普段何もケアをせず、仕事に追われている方は気づけない方が非常に多いです。そしてそういう方ほど急な痛みで動けなくなる事が多いです。

その感覚を取り戻すためにはどんな動きでもいいですのでゆっくり体を動かすクセを付けて下さい。

仕事の合間や寝る前でもいいです。ゆっくり首、腰を捻ったり、バンザイしてみたりしてなんとなく左右で捻り辛い方があったり、肩が上がり辛いほうがあればそれは体の歪みです。

時々その動きの中で気持ちの良い動きを見つけた時は満足するまでその動きを行って下さい。実はこれが体を治すポイントです。

ここから始めましょう。ぜひやってみて下さい。

 

当院の施術方針

 

あなたは現在、お体の事で何かお困りではないでしょうか?

もし今どこかに通院していて症状が改善していないのであればお読み下さい。

 

痛い場所を意識し過ぎかも?

 

どうしても痛みがあるとその症状に意識がいってしまいまがちです。

これは当たり前の事で、ほとんどの方がそうです。

そして痛い場所を何とかしようと接骨院、リハビリなどであれば電気をかけたり

痛い部分のマッサージをしたりではないでしょうか?また炎症が起きたり痛みが強い時は病院では炎症止めや痛み止めの注射や飲み薬などを施すでしょう。

でもあたなの症状が改善していないのであれば、もしかしたら治療方針が適切ではないかもしれません。また痛みは治まってもあなた自身で壊してる可能性もあります。

 

痛みの本当の原因は?

 

なぜ治療を受けているのに症状が改善しないのか例をあげて説明させて頂きます。

 

あなたの現在痛い所をAとします。他にもB、C、D、Eがいるとします。

そしてあなたは社長です。あなたはA~Eに仕事を頼みました。

 

このA~Eはみんなで協力しあって1つの仕事を納期までに成し遂げようとしています。

 

そしてそれぞれに役割があり自分の仕事をしっかりやればいいのですが、

 

あなたに不満のあるBが仕事をさぼったとします。そうするとB以外の仕事が増えますよね。

 

それを見ていたC~Eもさぼり始めると、真面目で頑張り屋さんのAだけが仕事するはめになりますよね。

 

でも一人の力では限界があり、仕事も進みません。それでもAはくたくたになりながら仕事を続けます。あなたはそのAの頑張りに気づいていません。

(これが体の違和感やダルさです)

 

いつもだったら無理をしてでもやり遂げるAですが今回はそうはいきません。

じつはAは以前から負担がかかり辛かったのです。そしてAは社長のあなたに

「今回の仕事は納期に間に合いません」と伝えますがあなたはAに対して

キツイ言葉でもっと仕事をしろといいます。

(シップや栄養ドリンクなどです)

 

 

あなたはB~Eが仕事をさぼっていてAだけが頑張っている事を知りません。Aは真面目なのでB~Eが仕事をさぼっている事はあなたに言わないです。

そしてとうとうAは無理をし続け倒れてしまいました。

(これが痛みです)

 

 

あなたはAを心配し、でも納期が迫っているのでAを病院に連れていきます。

そして何とか動けるようになりました。

(これが一時的な痛み止めや炎症止めの注射です)

 

頑張り屋のAは動けるようになったとまたさらにスピードをあげて頑張ります。

 

Aは薬でマヒして自分が壊れている事を気づけなくなっています。

 

この状態が続けばどうなるか分かりますよね。

 

あなたはこの繰り返しをしているから症状が改善しないのです。

 

 

ではどうしたらいいのか?

 

簡単ですよね。

 

頑張り過ぎのAは休ませて、B~Eになぜ仕事をさぼるのか聞くのです。

 

でもあなたはB~Eを叱ってはいけません。しっかり寄り添って話を訊くのです。

 

きっとB~Eはあなたにやっと分かってもらえたと納得して今まで以上に仕事をするようになります。

 

それによってAの負担がなくなりAは元気を取り戻すのです。

 

でもあなたはきっとどうしたらいいのか分からないと思います。

 

だから私達治療家がいるのです

 

当院ではそんなあなたにB~Eがなぜ仕事をさぼるのか原因をお伝えし、

B~Eをどのように説得したら仕事をするようになるのかその方法を教えます。

 

つまりあなたの身体という会社のコンサルティングをさせて頂くという事です。

 

あなたの身体の経営でお困りの事がありましたらご相談下さい。

 

でも急がないと状況は悪化します。

 

お早めに適切な解決策を、考え行動しなければなりません。

 

 

 

  【お知らせ】

お電話やメールでご予約、ご相談を承っておりますが、

LINEでもご予約、ご相談が可能ですのでやりやすいほうでご連絡下さい。

LINEでは定期的に普段の生活で役立つ情報なども配信しておりますので是非、ご登録して下さいね。その際にはどなたがご登録されたのか分かりませんのでスタンプを下さい。スタンプを頂いた方はLINEからのご予約も可能になりますし、個別であなたが現在、抱えているお悩みの相談も出来るようになります。

※他のご登録者の方にはあなたとのメッセージのやり取りは見えない設定ですのでご安心して下さいね。

 

 友だち追加
 

つながりの杜整体院plus+かみえど接骨院

〒505-0126 岐阜県可児郡御嵩町上恵土414−3

 0574-67-1243